無料ブログはココログ

« 続 東北・太平洋沿岸地震 | トップページ | 【日記】4月 »

【日記】3年B組金八先生が終わる

今日は、TBSのドラマ「3年B組金八先生」の最終回でした。

これでまた、一つの時代が終わったと言う感じでしょうか。

今となっては遠くなってしまった昭和の時代から現代の平成の時代まで、凝縮された、そんなドラマでした。 懐かしい部分・雰囲気がいくつかありました。

荒川の土手からスカイツリーが見れるようになるなんて、想像もつきませんでした。 荒川にマンションが立ち並んで行く変貌にも時代を感じました。 

乾先生、遠藤先生が本当に懐かしかった。 桜中学の校歌も変わってなかった。 

ドラマなので、「本当にこんな問題の起きるクラスばっかり、なわけないよな」と思うほど、脚色されすぎ・行き過ぎた部分はありました。実際、それを揶揄されているシーンもありましたが。 たぶん、名探偵コナンで言う、「毛利小五郎が行けば、事件が起きる」みたいなもんでしょうか。 それでも何とか、定年退職されたと感じます。

そー言えば、金八先生って、何度辞表出したんだろうw 何度、教師の職を失いかけたんだろうか。 それらの問題・難題を乗り越えてきたんですなぁ。 

金八先生が「ここがゴールです」と完全に言い切った時、「本当に終わりなんだ」と思ってしまいました。

さてはて、古き良き時代に身を浸かりっ放しにしないで、これをスタートにまた始めますか。

« 続 東北・太平洋沿岸地震 | トップページ | 【日記】4月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40906/39391016

この記事へのトラックバック一覧です: 【日記】3年B組金八先生が終わる:

« 続 東北・太平洋沿岸地震 | トップページ | 【日記】4月 »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30