無料ブログはココログ

« 今の知識と経験を持ったまま、健康な体で、人生をやり直したい。 | トップページ | 技術立国日本バンザイ! クーラーの力! »

エクセル・ワード ファイルを開いた日時を表示する方法

エクセルやワードでドキュメントなどの成果物を作成して印字する際、古い印刷物と混ざってしまい、デグレートが発生してしまうことがあります。

これを防ぐ方法として、印刷物に、ファイルを印刷した日時を表示するようにする方法があります。

プリンタのドライバによっては、プロパティで設定できるものもありますが、ファイルに、ファイルを開いた日時を表示する方法や、最終更新日時を表示する方法があります。

エクセル編

  1. 日時を表示させたい“セル”の場所に「=NOW()」と入力する
  2. そうすると、ファイルを開いた日付・時間が表示・印字される

Nowdate01

ワード編

  1. 日時を入れたい場所を選択しておき、 「挿入」リボンを開き、「日付と時刻」をクリックする
  2. 「日付と時刻」ウィンドウが開くので、
    1. カレンダーの種類を「西暦」にする
    2. 「表示形式」を適切なものを選ぶ
    3. 「自動的に更新する」にチェックマークを入れる
  3. 「日付と時刻」が本文に挿入される

Nowdate02

« 今の知識と経験を持ったまま、健康な体で、人生をやり直したい。 | トップページ | 技術立国日本バンザイ! クーラーの力! »

ソフトウェア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40906/35653147

この記事へのトラックバック一覧です: エクセル・ワード ファイルを開いた日時を表示する方法:

« 今の知識と経験を持ったまま、健康な体で、人生をやり直したい。 | トップページ | 技術立国日本バンザイ! クーラーの力! »

最近のトラックバック

2016年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30